SPEAKERS CIVIC TECH FORUM 2018

集え、全国のシビックテックプレイヤー

CIVIC TECH FORUM 2018

SPEAKERS

会場は「カフェ」「文楽」の2会場になり、
時間は「10:45~」 「13:00~」 「15:00~」の3部構成になります。

カフェ 10:45~

今村 かずき

猫と人間の持続可能な社会をめざして ~Code for Catの取り組み~

鈴木 由紀子

シビックテックと障害を持つ子の子育て情報

矢澤 修

障がい・難病を抱える当事者と家族のためのオンラインコミュニティについて

林 晋吾

うつ病患者のご家族が抱える孤独を解消する「コミュニティサイトencourage」

鈴木 滋

静岡県立島田商業高校の特色ある授業実践

友次 進

シニアとスマホの素敵な関係~講座1440時間から見えたホントの問題

澤田 学

みんなでオープンデータを作る活動を通じて積雪寒冷地域を盛り上げたい...

天川 伊織

地域の歴史をどのように引き継ぐか (Code for Shirakawaの活動を通して)


文楽 10:45~

小俣 博司

オープンデータを利活用した市民版EBPM(証拠に基づく政策立案)とも言える取組の紹介 - 川崎シビックパワーバトル

佐藤 拓也

シビックテック・インパクト ~生駒から生まれた繋がり~

杉山 恵理

みんなで作る、地域を楽しくする地図作り・情報発信

嬉野 剛士

Code for AICHIが目指す3つの未来

木村 博司

CivicTechの実践と現実

太田 一穂

埼玉での活動を通して得たもの

遠田 浩太

地域課題の解決に向けたCode for Sagaの活動について ~UDC2017への取り組み~

福田 崇之

白山クリエイティブ・ビオトープのご紹介


カフェ 13:00~

白澤 美幸

CivicTechから教育を見てみる

伊藤 侑果

「子育て×シビックテック」@横須賀

瀬戸 寿一

防災アプリとシビックテック ~現状の把握とこれからに向けて~

近藤 康久

オープンチームサイエンス:シビックテックを活かした新しいサイエンスのカタチ

三浦 泰夫

自立した持続可能なサービスを提供するG空間プラットフォームについて

玄正 慎

テクノロジーとデザインで地域の自助力・共助力を高める

羽鳥 健太郎

地方版IoT推進ラボとCode for Japanとのミートアップを

福島 健一郎

シビックテックコミュニティとシビックテックビジネス

鈴木 拓生

Googleの提供する機械学習ツールとそれを支えるオープンなエコシステム


文楽 13:00~

黒井 理恵

北海道名寄市の新しい取り組み、スポーツ×ヘルスケア×データに向けての動きのご紹介

上坂 哲教

ITの人として参加したまちづくりとシビックテック@福井県永平寺町~見せた数字、取り組んだこと、そして課題~

斎藤 百合恵

よそものとしての地域参加のありかた〜社会人の地域活動サークル YAPの活動に寄せて

青島 英和

秘境駅から見える、街の移り変わり

杉本 直也

そういえば「富岳3776景」ってあったよね?

加藤 真透

俺 と 2017年度 Code for Kanazawa Civic Hack Night 運営

五十嵐 康伸

プロダクトをリリースしてグロースさせるシビックテックのチームビルディング ~データビジュアライゼーション集団 E2D3 の運営上の工夫~

古郡 唯希

CODE for アーカイブのすゝめ

江波 龍一

Code for Japanの活動を通して見えてきた関係人口の最新課題と盛り上げるための秘訣


カフェ 15:00~

河中 祥吾

4919.jp ~生駒から全国展開に向けて~

川人 隆央

ひぐまっぷ

中窪 悟

地域と生み出す小さな取り組み@鹿児島県肝付町

工藤 浩司

自治体によるFiXMyStreet Japan導入について

河尻 和佳子

その愛は本物か?シビックパワーバトル

及川 涼介

行政を内側からハックする!mokubaの野望

矢野 晃平

街のコミュニティを数値化する「Community Value」~行政での事例紹介~

小嶌 不二夫

オープンデータを使ったインフラ評価と都市計画の最適化

伊藤 昌毅

オープンデータをきっかけに考える地域公共交通の未来


文楽 15:00~

石井 哲治

岐阜の「小さなIT相談室」で目指すこと

畑中 祐美子

「リアルおままごと」からの社会貢献 びーのびーの「家族シミュレーション」に参加しませんか

渡辺 賢

アクティビティのLODでコミュニティを作りたい

小比類巻 大和

ハッカソン好きがIT業界と縁遠い保育園でアイデアソンやその他諸々をやってみた話

石神 勝博

ブロックチェーンの可能性を信じて ~CivicTechメンバーと始めた取組紹介~

Mami Horikawa

MakerとCivic Techと私

山下 康成

毎月マッピングパーティ楽しんでます!

曽根田 悠介

Local x Localという新しい挑戦

島野 勝弘

二拠点生活とボランティアでゼロから始めた町興し ~オッサンが週末に東京湾を渡るワケ~


CIVIC TECH FORUM 2018概要
日程 2018/6/2 (土) 10:30~19:30
・受付開始 10:00~
・懇親会 17:00~
会場 Google Japan
東京都港区六本木 6-10-1
六本木ヒルズ森タワー
主催 CIVIC TECH FORUM 2018
運営委員会
共催
定員 250名
参加費 1,500 円(税込・昼軽食込)
※スピーカー、小学生以下のお子様は参加費無料
懇親会費 2,500 円(税込)
※懇親会に参加する人のみ

 


2015


2016


2017

Facebook
Twitter

▲ ページの先頭に戻る